いわきの地酒 又兵衛 と 佐勘のお節

新年あけましておめでとうございます。当ブログ初めての書き込みです。

昨年末に、学生時代の先輩からいただいたお酒と長女から届いたおせち料理でお正月が始まりました。

 

出演

  • いわきの地酒 又兵衛大吟醸(合名会社四家酒造店:福島県いわき市内郷高坂町中平14)
  • 伝承千年の宿 佐勘のおせち料理(株式会社ホテル佐勘:宮城県仙台市太白区秋保町)

 

「真酒躬」(まことさけのみのさけ)

弘化二年、初代「又兵衛」が自分で楽しむために、酒造りを始め、その酒を真酒躬と称したと言われています。

この、酒をこよなく愛した又兵衛自身の酒は、一世紀半余りの時が磨きをかけ、いわきの地酒「又兵衛」として皆様に親しまれています。

(四家酒造店)

 

山田錦、精米歩合35%、贅沢な大吟醸です。娘から届いた三段のおせち料理はこれまた豪華で、おせち料理のフルコースなど食べたことのない私は少々興奮気味。子持ち鮎、鮑、海老、、、、いっぱい。写真を撮るのも忘れ、盃と箸を運び続けました。大吟醸というと香りが強く、食中酒には向かないとの先入観を持っていますが、又兵衛大吟醸はその香りもありながら、料理とも馴染んで大変おいしくいただきました。なんか久しぶりに正月らしい正月をしたような気がします。